Amazon.co.jp ウィジェット 国立Yume×Time Cafeブログ(旧ブログ・お引越し済み) 昔のブログ記事
国立Yume×Time Cafeブログ(旧ブログ・お引越し済み)
アメブロに引っ越しました。
知子イチオシMUSIC → the Lamps / ドイツオレンジ / subconscious control
裕介イチオシMUSIC → FROGMAN / LOCAL SOUND STYLE / STARBOARD / molfish

楽天アフィリエイト



ほかの「昔のブログ記事」カテゴリの記事はこちら

☆ブログの応援お願いいたします☆ポチッとクリック☆
にほんブログ村 グルメブログ カフェ・喫茶店へ
【2017/10/22 22:59】 | 昔のブログ記事 | トラックバック(0) | コメント募集中(0)

タコライス

ひさびさに定番のタコライス。
タコライス4

レタスは小さいほうが食べやすい。

(Yusuke)
ほかの「昔のブログ記事」カテゴリの記事はこちら

☆ブログの応援お願いいたします☆ポチッとクリック☆
にほんブログ村 グルメブログ カフェ・喫茶店へ
【2010/05/12 22:15】 | 昔のブログ記事 | トラックバック(0) | コメント募集中(0)

黒いカレー

黒いカレー
インパクトのある黒さ!
でも、味はしっかりカレー。
ほかの「昔のブログ記事」カテゴリの記事はこちら

☆ブログの応援お願いいたします☆ポチッとクリック☆
にほんブログ村 グルメブログ カフェ・喫茶店へ

テーマ:美味しいもの - ジャンル:グルメ

【2010/03/09 23:27】 | 昔のブログ記事 | トラックバック(0) | コメント募集中(0)

コーヒーの粉砕と抽出

コーヒー豆を挽いて粒状にすることをグラインドといい、挽く器具をミルといいます。

( 参考文献「コーヒーのすべて(主婦の友ベストBOOKS)」)


挽きぐあいについて

  • 極細挽き・・・ほぼパウダー状といえるほど細かい粒です。この大きさにするには専用のミル(エスプレッソミル)が必要。エスプレッソコーヒーを抽出するのに最適な粒度です。
  • 細挽き・・・ペーパードリップサイフォンのような、濃厚な味わいのコーヒーをゆっくり抽出する方法に適している。
  • 中挽き・・・最も一般的な粒度。ネルドリップのような、粒を湯にじっくりと浸しながら抽出する方法に適している。
  • 中あら挽き・・・ペーパードリップネルドリップで、深煎りの焙煎豆からコーヒーを抽出するときに適している。
  • あら挽き・・・パーコレーターのような、湯で直接煮出してコーヒーを抽出する方法に適している。

抽出の方法

もっとも手軽で一般的なペーパードリップ、本格志向の人に人気のネルドリップ、演出効果の高いサイフォン、手軽にイタリアの味を楽しめるマキネッタ、カフェの味が再現できるエスプレッソマシンなど、器具も多様化している。それぞれに特性があるのでそれを理解することが、おいしいコーヒーをいれる第一歩。

ペーパードリップに必要な用具

代表的でおススメの器具をご紹介します。


ネルドリップに必要な用具

代表的でおススメの器具をご紹介します。



サイフォンでいれるときに必要な用具

代表的でおススメの器具をご紹介します。


マキネッタでいれるときに必要な用具

代表的でおススメの器具をご紹介します。


エスプレッソマシンでいれるときに必要な用具

代表的でおススメの器具をご紹介します。

(T)
ほかの「昔のブログ記事」カテゴリの記事はこちら

☆ブログの応援お願いいたします☆ポチッとクリック☆
にほんブログ村 グルメブログ カフェ・喫茶店へ

テーマ:コーヒー - ジャンル:グルメ

【2008/12/01 14:26】 | 昔のブログ記事 | トラックバック(0) | コメント募集中(0)

コーヒー豆と焙煎について

このカテゴリでは、コーヒーの知識について書いていこうと思います。

( 参考文献「コーヒーのすべて(主婦の友ベストBOOKS)」)


コーヒー豆について

コーヒー豆の美味しさは下の3つから成り立ってます。
  • コーヒー独特の色(セピア)
  • 風味(テイスト)
  • 芳香(アロマ)

焙煎について

グリーンコーヒーといわれる淡緑色のコーヒーの生豆は、焙煎によって普段私たちが見慣れている茶褐色のコーヒー豆へと変化します。コーヒー豆の味の8割はこの焙煎で決まってしまうといわれるほど重要な工程です。上手に焙煎されたコーヒー豆は、豆の持つ酸味や苦味、そして香りが最大限に引き出されるのです。


焙煎の度合いと特徴

焙煎には大きく分けて、浅煎り、中煎り、深煎りの3段階があります。
  • 浅煎り・・・酸味が強くて独特の香りがある。ミルクや砂糖の強い味に負けてしまうので、ブラックコーヒーに向いている。深煎りよりもカフェインは多く含まれている。
  • 中煎り
  • 深煎り・・・苦味が強くなり香ばしさが増す

焙煎の8段階

さらに細分化すると、焙煎は以下の8段階に分けられます。
  • ライトロースト・・・コーヒー特有のコクや苦み、香りがないので、一般にはほとんど飲まれない。
  • シナモンロースト・・・ブラックコーヒーに向いている。高品質の豆ほど切れのある酸味が味わえる。
  • ミディアムロースト・・・アメリカンコーヒーにいちばん適したロースト。
  • ハイロースト・・・バランスのとれたマイルドなコーヒーになる、喫茶店で使用されることの多いロースト。
  • シティロースト・・・最も需要の多いロースト。シティはニューヨークシティを意味する。
  • フルシティロースト・・・アイスコーヒーに適した人気の高いロースト。
  • フレンチロースト・・・苦みの強い濃いコーヒーになるため、カフェオレのようなミルクを使ったアレンジコーヒーによくあう。
  • イタリアンロースト・・・日本ではエスプレッソ用として人気がある。

(T)
ほかの「昔のブログ記事」カテゴリの記事はこちら

☆ブログの応援お願いいたします☆ポチッとクリック☆
にほんブログ村 グルメブログ カフェ・喫茶店へ

テーマ:コーヒー - ジャンル:グルメ

【2008/12/01 13:34】 | 昔のブログ記事 | トラックバック(0) | コメント募集中(0)
次へ

Yume×Time Cafe
(ユメタイムカフェ)

詳細は公式サイトにて。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

検索フォーム

ブログランキング

応援お願いします☆クリック↓☆

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 グルメブログ カフェ・喫茶店へ

東京カフェ ガイド本

FC2カウンター

Google AdSense

RSSリンクの表示

最新音楽ニュース

立川・国立・国分寺ニュース